相続

当事務所では、相続に関する各種の案件を取り扱っております。それぞれ該当のリンクから詳細をご覧ください。

1. 相続・遺留分

大切な家族・親族の死を悼み、受け入れ、静かな日々を過ごしたい。 残された家族・兄弟・親族で、これからも仲よく生きていこう。

そう思っていた筈なのに、遺産相続問題をきっかけに、いがみ合い、罵倒し合い、骨肉の争いへ発展・・・ 困り果てて相談にいらっしゃる方は、少なくありません。

相続・遺留分の事件は、長年の経緯等により、深刻な対立関係になる場合が少なくありません。

当事務所は、相続・遺留分事件を多数経験していることから、相続手続のサポートから、遺産分割協議の交渉・調停・審判、遺留分侵害額請求の交渉・調停・訴訟に至るまで、相続・遺留分事件に強力にバックアップしていきます。

遺産相続問題に直面したら、まずは弁護士にご相談下さい。

「相続・遺留分」の詳細はこちら

2. 遺言

法律で定められた配分方法と異なった分け方をしようとする場合には、 遺言書を作成しておく必要があります。
遺言書を作成しておかないと、原則としては、法定相続分に従って遺産の配分が行われることになります。

遺言書には決まった書き方があり、それに従わないと無効となる可能性もあります。

当事務所では、遺言書作成等のバックアップをいたします。

「遺言」の詳細はこちら

3. 成年後見

成年後見は、判断能力が不十分な高齢者や精神障害のある方等の財産管理や介護施設の入所契約の締結等を本人に代わって行う制度です。
成年後見には、裁判所の手続によって成年後見人・保佐人・補助人を選任する方法(法定後見と呼びます)と、裁判所の手続によらずに任意後見契約を締結する方法があります。

当事務所では、成年後見に関する手続きを行います。

「成年後見」の詳細はこちら

お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
03-6273-0024
03-6273-0024
平日午前9時30分~午後6時30分
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ