債務整理

あたらし法律事務所債務整理

新宿エリア・東京近郊にお住まいで、借金返済にお困りの皆様へ

あたらし法律事務所では借金返済にお困りの方に債務整理のサポートを行っております。

みなさまは、借金問題についてこんなお悩みごとはありませんか?

  • 給与を差し押さえられた
  • 裁判所から訴状が届いた
  • 自分は自己破産ができるかどうかを知りたい
  • 借金問題を解決したいが、マイホームは失いたくない
  • 数年前に一度自己破産をしたが、再び負債を重ねてしまった

借金問題は人に相談し難い問題であり、一人で抱え込んでしまうケースが多いです。
「何をどうしたらいいのか」「誰に相談したらいいのか」とお悩みの方が数多くいらっしゃいます。

もしあなたが、上記のようなお悩みを抱えていても、ご安心ください。

債務整理に強い経験豊富な法律の専門家が、あなたのお悩みに親身になって丁寧にお応えします。

特に当事務所は「東京・新宿エリア」で豊富な経験と実績がございます。債務整理について、何かお困りなこと・疑問点等ありましたら、どうぞお気軽にご相談いただければと思います。

債務整理に関する4つの主な取り扱い業務

ここでは、当事務所で特に力を入れて取り組んでいる債務整理業務について、お悩みのタイプ別にご紹介致します。

個人の債務整理

個人の債務整理の方法としては、自己破産、個人再生、任意整理という主に3種類の手段があります。

①破産(自己破産)

破産(自己破産)

「破産」という言葉にはネガティブなイメージが先行しがちです。「自己破産をする」となると、まるで人生の終わりのように考えてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、自己破産は人生の「再スタート」を切ることを目的とした、借金問題解決の一つの選択肢として非常に重要な制度です。

「自己破産」と「個人再生・任意整理」との大きな違いは、借金が「全額免除」になるか、もしくは減額するのかという点にあります。
自己破産をすると、税金などの一部の債務を除いたほとんど全ての借金の支払義務が免除されます。全額免除というのは、他の債務整理にはない大きなメリットです。

「多額の借金を抱えていて返済の目処が立たない」「収入が少ない(あるいは無職)で、減額してもらっても払いきれない」という方は、自己破産を選択するべきでしょう。

なお、自己破産の場合、当面の生活に必要な最低限の財産を除き、その他すべての財産を処分する必要があります。
とは言え、99万円以下の現金や家具家財、仕事用品などは処分されることはなく、賃貸住宅から追い出されることもないのでご安心ください。

当事務所では、東京地裁の破産管財人(※)を15年以上務めさせていただいているだけでなく、個人の自己破産に関する豊富な解決実績があります。経験を踏まえて適切にアドバイスをさせていただきますので、どうぞ安心してお任せください。

(※)破産管財人とは、自己破産の管財事件という複雑な手続きにおいて裁判所から選任される専門家です。破産に関する経験だけでなく幅広い法律知識が必要な役職と言えます。

②個人再生

個人再生

個人再生では、債務を大幅にカット(5分の1~10分の1程度。債務額に依ります)し、残りの債務について原則3年の返済計画を立て、その返済計画に従って弁済をしていきます。

全ての借金の返済義務がなくなるわけではありませんが、破産手続のように高価な資産が処分されることはありません。

借金が比較的多額ではあるものの、個人再生後も残務を支払い続けられるだけの継続的な収入がある方にお勧めの債務整理方法です。

しかし、ローンの支払いを終えていない資産(住宅や車など)については、個人再生をしても抵当権を実行されて競売にかけられてしまうでしょう。

「借金は整理をしたいけど、住宅(マイホーム)は手放したくない!」と、考えている方もいらっしゃるかもしれません。

このような場合でも、すぐに諦める必要はありません。
個人再生の「住宅ローン特則(住宅資金特別条項)」を利用すれば、大切な自宅を残したまま借金を整理できる可能性があります。

具体的に言うと、利用の要件さえ満たすことができれば、住宅ローンはそのまま支払いを継続して、その他の債務についてのみ減額した金額を弁済をしていくことが可能なのです。

個人再生は必要書類も多く、特に専門的な知識と経験が必要になります。個人再生をお考えの方は、当事務所の弁護士にご相談いただければと思います。

③任意整理

任意整理

任意整理は、債務整理の中で唯一裁判所を通さず、債権者との個別の話し合いで和解する手続きです。
裁判所を通さないため費用が安く済み、また、解決までのスピードも早いというメリットがあります。

任意整理では、借金の利息をカットし、新たな返済計画についての交渉を行うことになります(原則として元本の減額はできません)。

「現状では支払いが苦しいが、利息をカット、もしくは返済期間を延長すれば、借金の返済を続けられる」という、比較的借金額が少ない方に適した債務整理方法と言えるでしょう。

債権者との話し合いは、裁判所を通さないからこそ弁護士に相談することをお勧めします。
弁護士ならば、現実的に支払い可能な金額・スケジュールを検討し、債務者が不利にならないような内容で債権者との合意を取り付けます。

当事務所は、ご依頼者様から丁寧に事情をお伺いし、早期に方針を決定したうえで速やかに対応致します。任意整理についても、ぜひ当事務所にご相談ください。

なお、自己破産、個人再生、任意整理の過程で利息の過払いが判明した場合には、過払い金が返還される可能性があります。

法人・会社の債務整理

法人・会社の破産

「事業の立て直しが難しいと感じている」「破産すべきか迷っている」という経営者の方もいらっしゃることでしょう。
会社を存続させることが難しいと感じながらも、「それでももう少しの間、事業を継続しよう」と考えられるのは経営者として当然の思いです。

ただ、破産して会社を畳むにしろ、民事再生で再建を図るにしろ、どちらの手続も、なるべく早めに着手することが重要です。タイミングを間違えると、周囲に無用な混乱を招くこともあります。

当事務所では、中小企業を中心とした破産事件を多数経験しております。経験豊富な弁護士が適切にアドバイスをさせていただきますので、どうぞお早めにご相談ください。

なお、法人の債務整理については、下記ページが詳しいので、併せてご参照ください。

法人の債務整理の詳細はこちら

あたらし法律事務所で債務整理を依頼する4つのメリット

メリット①:借金の取り立て行為がストップする

借金問題を抱えている方のお悩みの一つに、「督促の電話がかかってくる」「自宅に直接取り立て来る」ということがあります。

借金の返済ができない場合、このような問題が起こってしまい、精神的に参ってしまう方も少なくありません

弁護士に債務整理を委任し、弁護士から「受任通知」を出すことにより、ほとんどの債権者は取立を中止しますので、取立による精神的な苦痛からも解放されます。

メリット②:借金を減額・免除されて、苦しい生活から抜け出せる

当事務所は、借金生活で苦しんでいる方に、借金苦による経済苦から逃れ、新たな生活を立て直していただくことを支援しております。

債務整理を行うと、借金は減額・免除され、これまでの苦しい生活から抜け出すことが可能になります。

借金問題は、本人の意志だけではその状態から脱出することはとても難しいことかもしれません。

しかし、弁護士が介入することで、適切に借金の問題を解決する事が可能です。

メリット③:必要な書類の収集や交渉など手続きを一任できる

裁判所に自己破産を自分で申し立てる際など、必要書類を収集する作業は思った以上に大変です。

弁護士に依頼すれば、そのような面倒な手続きを代理で行ってくれることはもちろん、債権者との交渉もすべて一任することが可能です。

メリット④:初回相談無料&新宿区・駅近でアクセス便利

弁護士への相談というと「ハードルが高い」と感じている方が多いかもしれません。

当事務所では、相談者のご不安を少しでも解消するため、個人のお客様の初回相談料を「30分無料」にしております。

個人の方の
初回相談
0円(30分)

なお、お電話やメールでのみの法律相談は承っておりません。ご来所いただくか、オンラインでのご相談のご予約をお取りいただきます。詳しくは、下記、弁護士費用のページをご参考ください。

個人の方の弁護士費用はこちら

法人の方の弁護士費用はこちら

また、事務所が都心の真ん中にある新宿エリアにあり「四谷三丁目」駅など主要駅から20分以内とアクセスも良好で、気軽にご相談に訪れやすい環境を整えております。

病気や怪我などでご来所が難しい場合は、弁護士がご自宅などにうかがって相談を受けることも可能です(※別途費用が発生します)ので、お問い合わせの際にご相談ください。

アクセス・事務所詳細はこちら

債務整理の弁護士依頼に関するQ&A

Q.債務整理で弁護士に依頼すると、費用はどのくらいかかりますか?

債務整理に関する弁護士費用は、ご​依頼の内容により、大きく変動します。

弁護士費用は、主に「着手金」「報酬金」からなります。詳しくは、以下詳細​ページを、ご参考ください。

個人の方の弁護士費用はこちら

法人の方の弁護士費用はこちら

Q.相談する前に準備したほうが良いものはありますか?

以下の書類等を用意してお持ちいただくと、よりスムーズなご相談が可能です。

  • 身分証明書
  • これまでの出来事を、 時系列に従って、簡潔にまとめたメモ(時系列表)
  • 債権者の一覧
  • 家計状況(収入・支出)・借金額などをまとめたメモ
  • その他、利用中のクレジットカード等

正確に分からなくても、債権者・借入額・返済額などをまとめたメモを作成したり、時系列表を作成して、「いつ・どこで・誰が・どれだけ・どのように」借入をしたのか、返済できなくなったのか等をまとめておくと、今後の見通しをスムーズに立てやすくなります。

また、何に一番悩んでいるのか、解決したいことは何なのか、譲れない点、条件によっては譲っても良い点など、ご依頼者様の意思を箇条書きで簡潔にまとめておくと、思考が整理され、情報の共有もスムーズになることでしょう。

もっとも、資料が不足していても法律相談は可能です。ご無理のない範囲でご持参ください。

Q.新宿エリア以外に居住していても対応可能ですか?

当事務所は、東京都新宿区の東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅より徒歩2分、「新宿御苑前」駅より徒歩10分、都営新宿線「曙橋」駅より徒歩9分、JR「四ツ谷」駅より徒歩15分の場所に位置しています。

アクセスに便利な場所ですので、新宿区にお住まいの方以外からも、相続手続きに関してご​相談を数多くお受けしております。

新宿エリア以外の方も、何かお困りなこと・疑問点等ありましたら、どうぞお気軽にご相談いただければと思います。

ひとりで悩まず、まずは弁護士にご相談ください

新 有道 弁護士
(あたらし ありみち)
東京弁護士会所属
債務整理に関する法律相談はお任せ下さい
借金問題をはじめ、法律に関わる問題は法律のプロである弁護士にご相談いただくのが一番安心です。
あたらし法律事務所は、お客様が明るい気持ちで、「新しい」一歩を踏み出せるように、しっかりサポートしてまいります。どうぞお気軽にご相談下さい。
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
03-6273-0024
03-6273-0024
平日午前9時30分~午後6時30分
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ