不動産

新宿エリア・東京近郊にお住まいで、不動産問題にお困りの皆様へ

あたらし法律事務所では不動産売買トラブルや賃貸・借地借家トラブルのサポートを行っております。
みなさまは、不動産トラブルでこんなお困りごとはありませんか?

  • 家賃滞納など、契約違反をする入居者を退去させたい。
  • 借家の退去時に、高額な原状回復費用を請求された。
  • 借地を明渡してほしいが、高額な立退料を請求してきた。
  • 不動産を購入したが、登記に協力してもらえない。
  • 不動産を購入したが、土壌から廃棄物が出てきた。
  • 土地の相続登記がなされないまま放置されている。
  • 借地権を譲渡したが、賃貸人が難癖をつけて譲渡を許可しない。

不動産に関する法律知識が不十分であるために「何をどうしたらいいのか」「いったい誰に相談したらいいのか」とお悩みの方が、数多くいらっしゃいます。

もしあなたが、上記のようなお悩みを抱えていても、ご安心ください。

不動産に強い経験豊富な法律の専門家である弁護士があなたのお悩みに親身になって丁寧にお応えします。

特に当事務所は「東京・新宿エリア」で豊富な経験と実績がございます。何かお困りなこと・疑問点等ありましたら、どうぞお気軽にご相談いただければと思います。

不動産に関する4つの主な取り扱い業務

ここでは、当事務所で特に力を入れて取り組んでいる、不動産業務について、お悩みのタイプ別にご紹介致します。

①賃料増減額請求


賃貸オーナー様は、入居者から「家賃を下げて」と交渉されたことはありませんか。

また一方で、アパートやテナントの入居者に対して「賃料の値上げを要求したい」と考える方もいらっしゃるでしょう。

この際、当事者同士での交渉​でまとまるのであれば良いのですが、大家・オーナーと入居者双方の思惑の違いから、賃料をめぐって、深刻なトラブルが発生することがあります。

不動産の賃料の増減額請求は、法律のプロである弁護士にご相談いただくのが安心です。

「入居者が賃料を下げるよう要求してきた」とお困りの不動産オーナー様や、「周辺相場とかけ離れた当初の賃料を減額したい」とお困りの入居者の方は、ぜひ不動産問題に強い当事務所にご相談ください。

②不動産明渡(立退)請求・未払賃料請求

「家賃の滞納が数か月続いており、督促状を送っても無視。電話をしてもつながらない!」「次の入居者募集をかけたいのに、現在の入居者が音信不通。荷物を運び出して処分することもできない・・・。」

賃料の支払いに関して、このようなお悩みをお持ちではありませんか?

賃借人に長期間の滞納(最低でも3カ月以上)があり、今後も支払われる見込みもない場合は、「不動産の明渡請求」を検討すると良いでしょう。

賃借人に明渡・立退を求めたい不動産オーナー様は、ご自身で交渉に入る前に、ぜひ弁護士にご相談ください。

当事者同士で直接交渉をすることで、感情的な対立に発展してしまったり、賃借人から一方的で不合理な要求をされてしまうケースが少なくありません。

当事務所では、建物明渡・立退の交渉、訴訟、また未払い賃料の請求等のご相談を承っております。ぜひご相談ください。

③不動産売買・仲介等に関連するトラブル

  • 「中古住宅を購入したら、後日構造上の欠陥が見つかった!業者の責任を問いたい」
  • 「売主が登記に協力してくれない」
  • 「住宅を購入したら、隣家との境界線トラブルに巻き込まれた!」

上記のように、不動産売買・仲介等に関連するトラブルは多岐に渡ります。

また、どんなに気を付けていても、不動産売買でトラブルに遭遇する可能性はゼロではありません。

不動産売買や仲介をきっかけとして、

  • 意見の相違から揉めてしまった場合
  • 法的な契約書を取り交わす必要がある場合
  • 購入した不動産に契約と異なる部分があった場合

などでは、法律の専門家である弁護士への相談をおすすめします。

当事務所の弁護士が間に入ることで、冷静な第三者の目線で不動産トラブルを解決することが可能になります。

④不動産に関する遺産分割協議・不動産の時効取得等

​遺産分割の際にトラブルの原因になりやすいのが「不動産」です。

遺産の中に土地などの不動産が含まれている場合、不動産の評価額や、不動産を誰がどのように相続するのか、などが争点となり、揉めてしまいがちです。

不動産を分割することができない場合には、現金に換えたり、共有財産にしたりするなど、様々な方法がありますが、その方法を巡っても争いが生じやすいです。

また、売却価値が低い、あるいは維持管理費用ばかりがかかってしまう不動産もあります。「負動産(ふどうさん)」などと呼ばれることもありますが、このような不動産を残された側は困ってしまい、互いに押し付けあうことも珍しくありません。

適切に遺産分割協議を行って対応するには、専門的な知識と経験が必要になります。

不動産の遺産相続トラブルについてお困りの方は、当事務所の弁護士にお気軽にご相談いただければと思います。

なお、相続と関連して「被相続人の土地だと思って長年使用してきたが、実際はそうではなく、登記上は他人の土地だった」というケースもあります。この場合「取得時効」が認められるかどうかが争いになるケースがありますが、こういった法律問題に直面した時にも、ぜひ弁護士にご相談ください。

当事務所は、ご依頼者様から丁寧に事情をお伺いし、早期に問題点を整理し、方針を決定したうえで、速やかに対応致します。

不動産問題のコラム一覧はこちら

あたらし法律事務所で不動産問題を依頼する5つのメリット

メリット①:法律の専門家である弁護士が代理し、法律に沿って解決できる

不動産のトラブルについて多く寄せられるお悩みの一つとして、専門的な用語や法律が壁となり、何をどうすればよいのかわからない、手続きに必要な書類をそろえるのが大変、といったことが良くあげられます。

しかし、法律の専門家である弁護士があなたの代理となって手続きを円滑に進めつつ、必要な書類についても丁寧に教えてもらえるので、落ち着いて不動産トラブルの解決を図ることができます。

メリット②:ご依頼者様にとって最大限有利な条件での合意が得られる

不動産トラブルに適切に対応するためには、民法をはじめ、借地借家法、区分所有法、品確法、建築基準法などの幅広い法律知識に加えて、長い実務経験とノウハウを有している必要があります。

そのため、ご自身で何も知らずに不動産トラブルに対応しようとすると、「交渉しようとしても、相手が一切自分の非を認めず、しまいには開き直って反撃してきた」というようなケースも少なくありません。

このように感情的なやり取りとなってしまうと、当事者同士では収集がつかなくなってしまいます。

弁護士が話し合いに介入することで、法的知識に基づいた筋道の通った主張が可能になり、ご依頼者様にとって、最大限有利な条件で合意に至る可能性が高くなります。

メリット③:不動産トラブルの未然防止・早期解決が可能

不動産をめぐる争いは、どんなに気を付けていても、起きるときには起きてしまうものです。

だからこそ、後々に生じるであろう問題に備えて、法的な備えを万全にしておくことが重要です。

弁護士は、既に起きてしまった紛争を解決に導くだけではなく、紛争前の段階で将来起こりうる事態を想定し、無用な紛争や訴訟を回避することができます。

当事務所では、弁護士に継続的な相談をしたい方向けに、顧問契約をお勧めしております。不動産​に関連したトラブルの予防やリーガルチェックなどについて、安心してお任せ下さい。

メリット④:ご依頼者様一人ひとりの事情に合わせた解決法がわかる

不動産取引・借地借家に関するお悩みは多種多様です。

まず、ご相談者様からお話をじっくりお伺いし、ご事情やご意向を配慮し、状況に応じた解決方法をご提案致します。

よくある不動産問題から複雑な背景を持つレアケースまで、幅広く対応致します。ぜひ当事務所へご相談ください。

メリット⑤:初回相談無料&新宿区・駅近でアクセス便利

弁護士への相談というと「ハードルが高い」と感じている方が多いのではないでしょうか。

当事務所では、相談者のご不安を少しでも解消するため、個人のお客様の初回相談料を「30分無料」にしております。

初回相談
0円(30分)

なお、お電話やメールでのみの法律相談は承っておりません。ご来所いただくか、オンラインでのご相談のご予約をお取りいただきます。詳しくは、下記、弁護士費用のページをご参考ください。

弁護士費用詳細はこちら
また、事務所が都心の真ん中にある新宿エリアにあり「四谷三丁目」駅など主要駅から20分以内とアクセスも良好で、気軽にご相談に訪れやすい環境を整えております。

病気や怪我などでご来所が難しい場合は、弁護士がご自宅などにうかがって相談を受けることも可能です(※別途費用が発生します)ので、お問い合わせの際にご相談ください。

アクセス・事務所詳細はこちら

不動産トラブルの弁護士依頼に関するQ&A

Q.不動産問題で弁護士に依頼すると、費用はどのくらいかかりますか?

不動産問題に関する弁護士費用は、ご​依頼の内容により、大きく変動します。

弁護士費用は、主に「着手金」「報酬金」からなりますが、基本的には「経済的利益」の額を基準として算定されるのが一般的です。詳しくは、以下詳細​ページを、ご参考ください。

弁護士費用詳細はこちら

Q.相談する前に準備したほうが良いものはありますか?

以下の書類等を用意してお持ちいただくと、よりスムーズなご相談が可能です。

  • 人物​関係をまとめたメモ
  • これまでの出来事を、 時系列に従って、簡潔にまとめたメモ(時系列表)
  • ご依頼者様の意思を箇条書きにしたもの
  • 現場の図面
  • その他、相談時に役に立ちそうな資料(契約書等)

例えば、相手方との交渉経過などをまとめて時系列表を作成し、「いつ・どこで・誰が・どれだけ・どのように」したのかをまとめておくと、今後の見通しをスムーズに立てやすくなります。

また、何に一番悩んでいるのか、解決したいことは何なのか、譲れない点、条件によっては譲っても良い点など、ご依頼者様の意思を箇条書きで簡潔にまとめておくと、思考が整理され、情報の共有もスムーズになることでしょう。

もっとも、資料が不足していても法律相談は可能です。ご無理のない範囲でご持参ください。

Q.新宿エリア以外に居住していても対応可能ですか?

当事務所は、東京都新宿区の東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅より徒歩2分、「新宿御苑前」駅より徒歩10分、都営新宿線「曙橋」駅より徒歩9分、JR「四ツ谷」駅より徒歩15分の場所に位置しています。

アクセスに便利な場所ですので、新宿区にお住まいの方以外からも、不動産問題に関してご​相談を数多くお受けしております。

新宿エリア以外の方も、何かお困りなこと・疑問点等ありましたら、どうぞお気軽にご相談いただければと思います。

ひとりで悩まず、まずは弁護士にご相談ください

新 有道 弁護士
(あたらし ありみち)
東京弁護士会所属

不動産問題に関する法律相談はお任せ下さい
不動産問題をはじめ、法律に関わる問題は法律のプロである弁護士にご相談いただくのが一番安心です。
あたらし法律事務所は、お客様が明るい気持ちで、「新しい」一歩を踏み出せるように、しっかりサポートしてまいります。どうぞお気軽にご相談下さい。
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
03-6273-0024
03-6273-0024
平日午前9時30分~午後6時30分
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ