icon
相続

兄弟の一人に包括遺贈する遺言に対して遺留分減殺請求をした事例

ご依頼様のお父様は、生前、不動産や金融資産等を所有していましたが、ご長男に相続財産の全てを渡す内容の遺言を遺して他界されました。ご依頼者様は、ご長男との仲が悪く、遺言の内容に不満を抱き、弊所にご依頼をいただきました。

この事案では、ご依頼者様が相続財産に何があるかが明確に分からなかったため、相続財産について調査したところ、お父様の生前にご長男による多額の払戻がある等、ご依頼者様が知らなかった事実も判明しました。

そのため、その点も含めて、ご長男に対し、遺留分減殺請求をしたところ、当初想定していたよりも多くの遺留分を取得することができました。

解決事例カテゴリー
離婚相続不動産債務整理企業法務
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
03-6273-0024
03-6273-0024
平日午前9時30分~午後6時30分
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ