icon
相続

相続財産の範囲に争いのある事例

ご依頼者様(X)の祖母Aが他界し、相続人は、ご依頼者様とその叔母(Y)の事例です。Yは、Aが認知症を患った前後にAを自宅に引取り、Aを施設に入所させましたが、Xは、Yの行為がAの意思に反しており、また介護方法等についても不満を抱いていました。

相続財産には、不動産のほか、預貯金・株式等がありましたが、Xは、Yが遺産を正確に開示しないことに不満を抱き、当事務所にご依頼されました。

当事務所は、弁護士照会等で相続財産の調査を行うと共に、不動産や株式の評価について、客観的な資料等を集めてYとの協議に臨みました。Yも代理人弁護士を選任し、同代理人と何度か協議をしました。その結果、最終的には双方で妥結点を見出すことができ、調停を経ずに遺産分割協議が成立しました。

解決事例カテゴリー
離婚相続不動産債務整理企業法務
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
03-6273-0024
03-6273-0024
平日午前9時30分~午後6時30分
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ