債権回収支援

貸金が返済されない、売掛金が支払われない、催促しても無視される、「今度支払うから」と言って返済を引き延ばしにされる、滞納家賃を支払わない、取引先が倒産しそうだが債権回収はどのようにしたらよいか、などの問題はないでしょうか。

当事務所は、お客様から事情をよくお伺いし、どのような契約に基づき債権が発生しているのか、回収に有利な材料がないか、不利な材料がないか、契約の相手方の支払能力・意思はどうかなど、丁寧に事情をお伺いし、最善の解決方法をご提案していきます。

内容証明郵便を作成するなど、弁護士が前面に出ずに後方から支援するサービスも行っております。是非ご利用下さい。

1.債権回収の手段

債権回収の基本は、債務者の置かれた状況をよく考え、適切な手段・方法を選択して請求することが重要です。

すぐに裁判にするよりも、まずは相手方と直接会って交渉した方がいい場合もありますので、その場合には、まずは示談交渉から始めます。

裁判所が債務者に対し、支払命令を出す支払督促という制度もあります。債務者から異議申立がない限りは、書面による形式的な審理だけで、裁判所による支払命令が出る手続です。

その他、話し合いによる解決方法としては、裁判所に民事調停を申し立てする方法もありますし、訴訟を提起する方法もあります。財産が費消される危険があるときは、訴訟を提起する前に仮差押をし、財産を確保する必要が出てくる場合もあります。

どのような手段が最善の方法なのか、是非ご相談いただければと思います。

2.強制執行手続

(1)確定判決、調停調書あるいは債務者が強制執行を認める内容の公正証書が既にお手元にあったとしても、債務者が支払に応じない場合もあります。
このように、せっかく苦労して勝訴判決を得ても、判決が絵に描いた餅のようになってしまいます。
このような場合は、裁判所へ強制執行の申立をし、裁判所により強制的に請求を実現することができます。

(2)債務者の財産に抵当権などの担保権が設定されているときは、裁判所の申立により担保権を実行することができます。

(3)当事務所は、強制執行の申立、担保権実行手続の申立に際して、申立書を作成し、必要書類を収集し、手続を代理して行うサービスもご用意しておりますので、ご利用下さい。

3.弁護士費用めやす

弁護士費用のめやすは以下のとおりです。詳細はこちらをご確認下さい。ご不明な点はお問合せいただければ幸いです。

(ア)民事事件の着手金と報酬金

消費税は別途かかります

経済的利益の額 着手金 報酬金
125万円以下 10万円 16%
125万円を超え、300万円以下 8%(10万円~24万円) 16%
300万円を超え3,000万円以下 5%+9万円(24万円~159万円) 10%+18万円

示談交渉事件から引き続き調停事件、仲裁事件を受任するときの着手金は、上記金額の2分の1とします。

調停事件、仲裁事件から引き続き訴訟事件を受任するときの着手金は、上記金額の2分の1とします。

当事務所は、依頼者と協議のうえ、事件等の難易、軽重、手数の繁閑、依頼者の資力等を考慮して上記の額を増減することができます。

3,000万円を超えて3億円以下の場合の着手金は3%+69万円、報酬金は6%+138万円となります。

 

(イ)民事執行事件及び執行停止事件

・着手金

 着手金は(ア)の民事事件の着手金の2分の1の額になります。

 ※着手金の最低額は50,000円(税別価格)とします。

 ※本案事件と併せて受任したときでも、本案事件の着手金とは別に頂戴しますが、この場合の着手金は (ア)の民事事件の着手金額の3分の1とします。

・報酬金

 (ア)の 民事事件の報酬金額の4分の1の報酬金を頂戴します。  

 

代表弁護士 新 有道
住所:東京都新宿区四谷3-13-11栄ビル7階
TEL:03-6273-0024
FAX:03-6273-0025
四谷三丁目駅 徒歩2分