インタビュー

新(あたらし)さんとお話ししていると、弁護士的な分かりにくさや敷居の高さを全く感じません。事務所メッセージの「皆様のあたらしい未来と幸せ」というのもやさしい印象を持ちます。今回の事務所で目指す法律事務所像というのはどのようなものでしょうか。

ありがとうございます。「弁護士的な分かりにくさ」「敷居の高さ」というお話をいただきましたが、私の知っている弁護士は皆いい人ばかりです。ただ、実際にはしばしば「弁護士は敷居が高い」と言われています。この点は弁護士一人一人が努力し、固定概念を払拭するよう努力しなければならないものと考えます。

さて、今回の事務所ですが、目指す法律事務所像としては、月並みですが、一人でも多くの方に喜んでもらえる事務所にしたいと思っています。個人のお客様にとっても法人のお客様にとっても、弁護士に依頼するような事柄は、人生の中で何度も経験することのない重たいことが多いです。ことの性質上、悩んで不安になりながら、法律事務所にいらっしゃいます。

私は、このような不安感を出来る限り払拭し、目の前の障壁を取り除ければと思っています。そして一番の目標はお客様の幸せを獲得することです。当事務所はできるだけ新しい未来に向かえるようなお手伝いをさせていただければと思っております。

どのような時に法律相談をすればよろしいでしょうか。

多くの方にとって弁護士は、裁判が起きたときにお願いするぐらいのイメージを持っているように思います。

しかし、弁護士ができることは裁判の代理をするのみではありません。裁判になる前にご依頼を受け、裁判にならずに早期に円満解決したケースも多数あります。弁護士の初動はまずは法律相談から始まりますので、その意味では法律相談は事件を解決するための第一歩です。裁判だけが我々の業務ではありません。お困りのことがありましたら、是非気軽にご相談いただければと思います。

新さんのホームページにきめ細かなサポートというフレーズがありますが、依頼者と弁護士の信頼関係というのはこのようなところから生まれるのではないかと思っております。この点はどのようにお考えでしょうか。

確かにそのとおりだと思います。弁護士の仕事は、各人・各社・各事件に合わせたオーダーメイドであり、機械的・一律的に処理することが難しい案件ばかりです。どんな法律問題であっても、全て一律には処理できない個性があります。その個性をお客様からの法律相談等を通じて知り、その個性に応じた事件処理をすることは、事件のよりよい解決につながりますし、お客様にも、弁護士の事件処理にご満足いただけるのではないかと思っています。

その意味で、お客様それぞれに応じたきめ細やかなサポートをすることは非常に大事であり、当事務所はお客様のきめ細やかなサポートができるように、誠心誠意努力してまいりたいと思います。

最後にこのホームページを見て御事務所にご依頼しようと思っている方に一言ご挨拶をお願いします。

人生には様々な出会いがあります。ホームページを御覧になり、当事務所を知って頂くことも一つの出会いです。

私は、人との出会いを大切にしたいと思っています。そして、当事務所に来ていただいた方には、一人でも多くの方に喜んでもらえるような事務所を目指したいと思います。

未だ、新しい事務所ではありますが、ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

インタビュー:問題解決できるホームページ(http://www.1980.jp/)

代表弁護士 新 有道
住所:東京都新宿区四谷3-13-11栄ビル7階
TEL:03-6273-0024
FAX:03-6273-0025
四谷三丁目駅 徒歩2分