特別受益

生前贈与遺贈を受けた相続人がいる場合、相続財産に贈与の価額をプラスしたものを相続財産とみなして相続人の相続分の計算をするが、生前贈与や遺贈を受けた者については、その相続分から生前贈与あるいは遺贈の価格をマイナスした残額を相続分とする制度です。
簡単にいうと、生前贈与や遺贈を受けた相続人と他の相続人との公平を図るために、既に生前贈与や遺贈を受けた人の相続分を少なくし、他の相続人の相続分を多くする制度です。

代表弁護士 新 有道
住所:東京都新宿区四谷3-13-11栄ビル7階
TEL:03-6273-0024
FAX:03-6273-0025
四谷三丁目駅 徒歩2分