寄与分

亡くなった方の事業に関して労務を提供し又は財産上の給付をしたり、亡くなった方への療養看護等をすることにより、亡くなった方の財産の維持又は増加に特別に寄与した者に対し、寄与分として法定相続分以上の相続分を相続させる制度です。
寄与分は、相続人のみが有していますので、相続人以外の方は主張できません。
また、寄与には「特別の寄与」が必要であり、単に配偶者が亡くなった方に看護した程度では認められません。相続財産を維持又は増加させたことが必要です。

代表弁護士 新 有道
住所:東京都新宿区四谷3-13-11栄ビル7階
TEL:03-6273-0024
FAX:03-6273-0025
四谷三丁目駅 徒歩2分