任意後見監督人

任意後見制度は、将来自分の判断能力が不十分になった場合に備えて、任意後見人予定者と財産管理等の契約をしておく制度ですが、実際に判断能力が不十分になった場合には、本人や任意後見人予定者等の申立により家庭裁判所により選任されるのが、任意後見監督人です。
任意後見監督人は、任意後見人の後見事務を監督する人であり、家庭裁判所に任意後見人の後見事務について定期的に報告する等の職務をします。任意後見人の職務がふさわしくない場合には任意後見人を解任することもできます。

代表弁護士 新 有道
住所:東京都新宿区四谷3-13-11栄ビル7階
TEL:03-6273-0024
FAX:03-6273-0025
四谷三丁目駅 徒歩2分