労働審判

解雇や賃金などに関する労使紛争を解決する手段の一つであり、裁判官と労働審判員2人で組織された労働審判委員会によって原則として3回以内の期日で審理される手続です。
労働審判手続中では、協議による解決を目指して調停が行われ、調停による解決に至らない場合には審判がなされます。なお、審判に対して当事者から異議の申立てがあれば、事件は訴訟に移行します。

代表弁護士 新 有道
住所:東京都新宿区四谷3-13-11栄ビル7階
TEL:03-6273-0024
FAX:03-6273-0025
四谷三丁目駅 徒歩2分