どこまでが相続人なの?(相続問題)

これは簡単なようで、意外と複雑です。

死亡したAさんに、妻と子がいた場合、妻と子が相続人で、遺言がない場合、それぞれ相続分は2分の1です。配偶者(この説例では妻)がいる場合には、配偶者は常に相続人になります。また、子は第1順位の相続人なので、子がいる場合には、Aさんの両親や兄弟には相続権はありません。

Aさんが死亡した時点で子が既に死亡していた場合、孫がいれば、孫が第1順位の相続人となります(これを代襲相続といいます)。
子も孫も死亡していた場合には、曾孫が第1順位の相続人となります(これを再代襲相続といいます)。曾孫の下は相続権がありません。

では、子がいない場合はどうでしょう。
死亡したAさんに両親がいた場合には、妻と両親が相続人であり、遺言がない場合、それぞれ相続分は3分の2、3分の1です。両親が既に死亡しているが、祖父母がご存命の場合には、祖父母が相続人となります(あまりあり得ないケースですが)。
以上が第2順位の相続人です。

では、Aさんに子がなく、親(祖父母)も既に死亡し、兄弟姉妹がいた場合はどうでしょうか。
この場合には、妻と兄弟姉妹が相続人になり、遺言がない場合、それぞれ相続分は4分の3、4分の1です。

では、Aさんが亡くなった時点で、子も親も兄弟もいない場合には、どうでしょうか。この場合には、甥や姪がいる場合には、甥や姪が相続人です(これも代襲相続といいます)。
甥や姪の下は相続権がありません。

同じ順位の相続人が何人かいる場合、例えば、兄弟姉妹が何人かいる場合には、兄弟姉妹各人の相続分は均等になります。

このように、どこまでが相続人か、相続分はどのようになるか、は意外と難しい問題です。

代表弁護士 新 有道
住所:東京都新宿区四谷3-13-11栄ビル7階
TEL:03-6273-0024
FAX:03-6273-0025
四谷三丁目駅 徒歩2分